名古屋市熱田区・中川区・南区の

水まわりリフォームなら桶中住宅設備にお任せください!

株式会社桶中住宅設備

季節のリフォーム特集 12月〜2月

猫はこたつで丸くならない!!

 冬の時期は足元がとても冷えてなかなか部屋の外にも出るのに勇気がいりますね。
 歌でも『猫はこたつで丸くなる~♪』とも歌われていますね。
 そこで、今回はちょっとしたリフォームで冬の色々な悩みを解決できる!
 冬に過ごしやすい家の中を作る!
 そんなリフォーム対策をご紹介したいと思います。

窓の結露対策をしよう!

 どうして、結露はおきるの??

 窓の結露は冷たい飲み物を入れたコップに水滴がつくのと
 同じ原理で起こります。
 外気によって冷たくなった窓ガラスに室内のあたたかい空気が
  触れることで、水蒸気が冷やされ水へと変化しているのです。
 外気と室内の温度差が大きいほど結露はおきやすくなるのです。
 

 温度差を減らしましょう!

 結露を減らすには外気の触れる窓と室内の温度差を
 少なくすることが必要です。
 そのため、窓の断熱性を高める必要があります!
 夏のリフォームでもご紹介しましたが、内窓をつけたり・複層の
 ガラス窓にすることで、内と外の温度差を減らすことができ、
 快適に過ごすことができるようになります!


乾燥しやすい冬は床暖房で決まり!!

 皆様冬場の寒さ対策はどうされていますか?

 エアコンやストーブを使うと、乾燥した室内がさらにカラカラ。
 お肌も乾燥してしまいそう・・・と、いった意見を良く耳にします。

 そんな時は、ガスの床暖房で決まりですね!

 ガスの床暖房の仕組みは皆様ご存知でしょうか?
 給湯で作ったお湯を、フローリングなどの下に敷いた床暖房用
 マットに通して、床材を温め、お湯の熱は上へと上がっていくため
 部屋全体をあたためてくれます。
 そのため足元だけでなく全体的にポカポカで快適に過ごせます。

 また、風が出ないためほこりなどもたたないですし、燃焼する
 機械が室内にないので、お子様やお年寄りのいるご家庭や、
 ペットを飼われているご家庭でも安心して使うことができます!


寒い冬はガス機器もつらいのです・・・

 ①5℃の水を40℃のお湯にする。
 ②15℃の水を40℃のお湯にする。

 いきなりですがここでクイズ。
 ①と②どちらが大変かわかりますか??

 そうですね・・・もちろん①の低い水温のものをお湯に変える方が
 大変ですよね!
 そのため、①の時期(冬場)は給湯器にも負担はかかってきて、
 急にお湯が使えなくなってしまった・・・ということも起こります。

  ・給湯器を使用時の音がすごく大きくなった。
  ・リモコンにいつもと違う表示が出た。
  ・お湯が急に水に変わってしまう。
  ・追い焚きのみができなくなった。
  ・10年以上使用している。

   このような症状が当てはまる場合はSOSのサインを
   出しています!まずはおけなかへ・・・ご相談ください。



桶中住宅設備 名古屋の最新リフォーム施工事例をご紹介します

桶中住宅設備でリフォームされたお客様の声をご紹介します

桶中住宅設備

〒456-0061 愛知県名古屋市熱田区西郊通5-7-1 TEL:052-671-1428 FAX:052-671-1425